歌詞の引用について

当サイトで、歌詞を引用する際は「最低限これをしてもらいたい」ということを列挙しておきます。

ただし例外として「ユーザーが、作曲者や歌手本人など、著作権者から許諾を得ている場合」や「JASRACに使用料金を払っている場合」はこの限りではありません。

歌詞の引用ルール

すべて守っていただきます。1つでも守られていなかった場合は違反となりペナルティがあります。

  1. 歌詞を引用した部分は鉤括弧「 」で囲む、斜体(斜めの字)にするなど、必ず引用した部分がわかるようにすること
    「自分が書いた文章」と「引用した部分」とがはっきりわかるようにしてください。
  2. どの曲を、どこから引用したかを明記する
    引用した
    ・「曲のタイトル
    ・「どこから引用してきたか
    をできる限り同じページ内に明記してください。
    「どこから」というのは、引用してきたサイトURLや書籍のタイトルなどです。
    さらに「曲を歌った人」・「作詞、作曲者」などがあったほうがよいです。
  3. 歌詞の引用は最低限度、必要な部分にとどめること
  4. 歌詞が、自分の書いた文章の大半を占めないこと
    つまり、小説のメインは”あなたの文章”であり、引用した”歌詞”ではありません。
    引用した歌詞がなければ文章が成り立たないような投稿や、本文がほとんど引用の歌詞で占められている場合は、引用とみなされません。
  5. 引用した部分を改変しないこと
    わかりやすい例でいうと「替え歌」です。「替え歌」を「曲パロ」などと言って投稿するユーザーもいますが、当然違反となります。

著作権法の中に、具体的な「引用」方法が書かれているわけではありませんが、過去の判例(以前の裁判の判決結果、実例)では上記のことを守れば「引用」とみなされるようです。