コメント欄での「雑談」について

コメント欄の現状についてですが、小説とは関係ないコメントを残す方が多々おられます。
コメント欄での雑談は禁止しているのですが、そうと分かっていながら雑談をするユーザーの多いことには辟易しています。

おそらく、ご自分が「雑談をしている」、「小説とは関係ない話をしている」という自覚はない、もしくは見つからないだろう、少しくらいなら良いだろう、と思われているのでしょう。

ところで
「自分がコメントしたページは、よく閉鎖されているな」
と思ったことはありませんか?

そう思ったユーザーは、自分が他ユーザーに迷惑をかける「荒らし」になっていると、少しでも思ったことはありますか?

どういうことかわかるでしょうか。

考えてみて下さい。
例えば、他ユーザーのコメント欄に、あなたが雑談を残したとします。
それに、作者が雑談を交えて返信したとします。
すると、「こういう話をしてもいいんだ」と思った他のユーザーも、また雑談を残していきます。
結果、そのコメント欄は雑談で埋め尽くされ、規約違反という理由で閉鎖されます。

これは結果的に「荒らし」による「被害」になっていると思いませんか。

サイトの現状を見てください。
親しくしていたユーザーのコメント欄が閉鎖されていたとしても、自分はそのコメント欄に雑談を多数残していたにもかかわらず、何食わぬ顔で小説を投稿したり、別のユーザーのコメント欄に雑談を残しているのです。
そんなユーザーが何人もいるのです。
中には、他ユーザーのコメントには雑談を多数残しておきながら、自分の小説のコメント欄では「雑談禁止!」などと書いてあるユーザーもいます。

私にはそれがとても恐ろしいです。
自分が悪いことをしたなどと少しも思っていないのですから。
規約違反をした作者が悪い、とでも思っているのでしょう。
確かに、雑談に雑談で返した作者にも非はあると思います。
ですが、雑談の多くはその作者ではなく、コメントを雑談で埋め尽くした読者たちです。
そんな自分を客観的に見ることができないユーザーがたくさんいることに、私はうすら寒ささえ感じます。
(一番恐ろしいのは、悪いことをしたと自覚していても、なんとも思わない、というユーザーですが。)

つまり(少々乱暴な言い方になりますが)当サイトには荒らしの予備軍がたくさんいるということです。

きっと、雑談がしたい方々はこう思っているでしょう。

少々の事には目を瞑れ、少しくらい交流させろ、もっと自由にさせろ、と。

しかしあなた方は「当サイトの利用規約」に同意するにチェックを入れて、登録、投稿しているはずです。そういうことは禁止されていることを納得の上で投稿をしているはずなのです。
ですから、「少々の事には目を瞑れ」などと言うのはお門違いなのです。
そしていざ規制がされると「コメント欄が閉鎖された」、「アカウントが凍結された」と嘆くのは、迂闊にも程があります。

ですから、どうしても雑談や交流をしたい方々は、当サイトには見切りをつけ、一刻も早く別サイトへ移動してください。
そういう方々は「荒らし」と何ら変わりないのですから。

カテゴリタグ:お知らせ

コメント

  1. 匿名A

    このコメントは管理者だけが見ることができます

    編集・削除

コメントフォーム

メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

「名前」は公開されますので、名前も公開したくない場合は「匿名」とし、コメント欄にお名前を記入してください。

※Please enter more than 5 characters only alphabets.
※Edit or delete are possible for 30 days after approval.

*

♠Simplistic Comment User Editable v3.1

※ご注意ください
コメントの投稿が完了するまで数分かかることがあります。
何度も投稿せず、反映されるまでしばらくお待ち下さい。